お見舞い用のお花のマナー

お見舞いに贈る花には、注意しておく点が何点かあります。
以下の点には注意して選んで下さいね。


・鉢植えは贈らない

鉢植えの花は根付きます。
「病が寝付く」ということ連想させるため、お見舞い用の花として贈るのは、
マナー違反とされていました。

ただ、最近は、病室でも育てられる観葉植物などがあったほうが病室が和むことから、
それほど目くじらを立てて気にするほどではなくなっています。


・シクラメンは贈らない

「死」・「苦」といった言葉を連想させることから、
お見舞いの花としては、贈らないほうがよいとされています。


・椿は贈らない

椿の花は落ちやすいです。
花びらが落ちる様子は、見ようによっては不吉さを連想させます。
そのためお見舞いの花としては、タブーとされています。



・菊は贈らない

菊はお悔やみ用の花として使われます。
お見舞い用のお花としては適切ではありません。



・香りが強くない花にする

病院によっては同室の方がいらっしゃる事もあります。
他の方々が気になるような、香りのきついものは避けましょう。


・白と青色は避ける

お悔やみ用のイメージが付きやすい白色と青色は避けましょう。
白色と青色が好きな方にはかまわないです。

前
お見舞いで贈る花
カテゴリートップ
TOP