お悔やみ用に贈るお花


では、お悔やみ用として贈るお花にはどのようなものがあるのでしょうか。

・相手方に手間がかからない花にする。
 アレンジメントなどが良い。
 
・お供えの場合は、白色や紫、ピンク系の花にする。

・棘がある花(バラなど)や、赤色・オレンジの花は避ける。

・地域のしきたりに気を使う。
 (確認しておいた方が無難です)
 
・故人の大好きなお花や色を贈るのもよい。


お悔やみ用のお花の種類としては、供花・枕花・花輪があります。

色合いは派手なものは避けて、白色や青色などの花がよいでしょう。


故人が特に好んだ花であれば、白色でなくてもよいです。

その辺りは融通を効かせましょう。


使用されるお花は、菊、ユリ、ガーベラ、フリージアの白といったところが
多いです。



供花(きょうか)

葬儀・お葬式で霊前に供えるお花のことです。
祭壇の脇に飾られます。

また、花には「供 (贈り主氏名)」の札を立てます。
祭壇が狭くて供花が置けないこともあります。
そういった場合、相手方に供花を受け取っていただけないことがありますので、
事前に贈ってもよいか確認しておきましょう。



枕花(まくらばな)

故人の枕元にお届けする生花のことです。
お通夜の前までにお届けします。
枕花は祭壇に飾られたり、出棺とのきに棺に一緒に入れたり、
そのまま持ち帰り自宅に飾られる、ということもあります。



花輪(はなわ)

造花の花輪を取り付けたものです。
葬儀・お葬式を行う会場の外に並べておきます。




お悔やみや法事で贈るお花の色合いをご案内します。


初七日から四十九日までの期間

「白上がり」とも呼ばれる期間です。
以前は、白やグリーンをメインとしたお花を贈るのが一般的でした。
最近では白ばかりではなく、ピンクや、その他のカラーも入れて
凛としたイメージにすることも多いです。



四十九日以降

ホワイト、ブルー、ピンクといった色鮮やかなお花を贈りましょう。
故人が好きだったお花や色も入れて、昔を思い出したり、
遺族の方々を癒してあげましょう。


命日・初盆

命日や初盆には、その季節に関するお花や、故人が好きだったお花や、
優しい色合いを使ったお花を選んで贈りましょう。

前
お悔やみ用のお花を選ぶ
カテゴリートップ
TOP